menu

075-611-4010

10:00~16:00(不定休)

HOME > 水素について 記事一覧

水素について 記事一覧

  • 1

1~2件目 (2件中)

  • ラブリエリュクス

    投稿日 :
    2018-02-22 14:19:19
    カテゴリ :
    水素について
    WRITER :
    管理者

    水素は、よく言われる「悪玉活性酸素のみを除去する」という抗酸化作用だけではありません。「炎症抑制効果」、「アレルギー誉億世効果」、「エネルギー代謝促進効果」のメカニズムが、明らかなりました。体内の水素濃度が、ある一定の濃度を一時的に超えると、特定の遺伝子発現制御のスイッチをOnにして、炎症の元になる遺伝子発現を停止させ、過剰な炎症を鎮めてくれる、と言うのです。  

    記事を開く

    水素は、よく言われる「悪玉活性酸素のみを除去する」という抗酸化作用だけではありません。「炎症抑制効果」、「アレルギー誉億世効果」、「エネルギー代謝促進効果」のメカニズムが、明らかなりました。体内の水素濃度が、ある一定の濃度を一時的に超えると、特定の遺伝子発現制御のスイッチをOnにして、炎症の元になる遺伝子発現を停止させ、過剰な炎症を鎮めてくれる、と言うのです。
     
    太田成男教授の説明によると、「水素がフリーラジカル連鎖反応に介入し、酸化脂質メディエーターを改変する事で、遺伝子発現を制御することを明らかにし、水素が多彩な機能を発揮するメカニズムの一端が解明されたと、考えています。」と、ありました。ちょっと、難しい言葉ですが・・・
     
    水素サロン・ベガでは、安全で、高純度。高濃度の水素発生器「ラブリエ・リュクス」を、使用しております。メーカーも、長時間連続しての水素吸引よりも、15分間吸入を間隔をあけて断続的に水素吸入することを推奨しています。「体内の水素濃度の変化が体を良い方向へ向けるスイッチを押してくれる・・・」との説明もあります。
     
    当サロンでは、15分単位で、水素吸入をさせて頂いております。
    是非、一度水素吸入にお越しくださいませ。

     

     

    記事を閉じる

  • 「花粉症」には、水素吸入がオススメ!!

    投稿日 :
    2018-02-22 02:49:24
    カテゴリ :
    水素について
    WRITER :
    スタッフ

    今年は、大雪の影響で花粉の飛散は、まだ少ないようですね。 これから、気温が元に戻ってくると、また嫌な花粉シーズが始まります。京都は今シーズン、「前年比多い」になる予想のようです。いやですね~ 毎年、花粉症に悩む方は多いのではないでしょうか? そんな私も、ひど~い花粉症に悩んでいるひとりでした。 鼻水じゅくじゅく、目は涙であけられない・・・で、仕事も手につきませんでした。 ひどい時は長岡京市にある某

    記事を開く

    今年は、大雪の影響で花粉の飛散は、まだ少ないようですね。
    これから、気温が元に戻ってくると、また嫌な花粉シーズが始まります。京都は今シーズン、「前年比多い」になる予想のようです。いやですね~
    毎年、花粉症に悩む方は多いのではないでしょうか?
    そんな私も、ひど~い花粉症に悩んでいるひとりでした。
    鼻水じゅくじゅく、目は涙であけられない・・・で、仕事も手につきませんでした。
    ひどい時は長岡京市にある某有名病院に行って、お尻にステロイド注射を打ってもらっていました。それも、長蛇の列をならんで・・・

    ところが、水素吸入するようになって、花粉症の症状が殆ど出なくなってしまいました。

    当サロンで、「血管美人」という血流スコープで毛細血管を見ると、アレルギーのある人は、細胞が活性酸素で濁っていることがよくわかります。花粉症のある方もその例外ではなく、毛細血管が活性酸素で濁って、ぼやけて良く見えません。

    水素吸入は体の悪玉活性酸素にのみ反応して副作用無く、体の外に排出してくれます。
    私の毛細血管は、今では、おかげさまで復活しております。

    水素は、今や研究がさらに進み、様々な遺伝子発現を制御することによって「抗酸化作用」だけでなく、炎症抑制効果、アレルギー抑制効果、細胞死抑制効果、エネルギー代謝促進効果など、多様な効果を示すことが明らかにされています。

    もしも、毎年花粉症に悩んでいる方がおられましたら、是非、水素吸入をお試しください。

    ステロイドを体に入れるのは、リスクがあります。水素は副作用がありませんから、安全です。
    個人差はありますが、30分以上を6回程度、集中して吸入頂ければ体感いただけるかと思います。

    記事を閉じる

  • 1

1~2件目 (2件中)

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ